職業訓練校への合格ノウハウや失業保険・雇用保険との関係、訓練中の生活情報など、オトクな情報満載のサイトです。

応募資格と優先順位


職業訓練に応募できる人とは?

まず、職業訓練に応募するにあたって前提条件があります。それは…受講開始日からさかのぼって1年以内に公共職業訓練を受講していないこと…です。

この前提条件をクリアしたら、次は受講料がタダで訓練を受けるために、また訓練中も継続して雇用保険(失業保険)を受けるために「離職者訓練」を選びます(ほかに在職者訓練、学卒者訓練がありますが、いずれも有料です)。

応募はハローワークの窓口でおこないます。そして、窓口で「受講指示」あるいは「受講推薦」を受けられれば、離職者訓練に応募する権利を得ることができます。

まず受講指示というのは(積極的に就職活動を行っている)雇用保険の受給資格者を対象とし、この指示を受けることができれば各種手当(基本、受講、通所)が支給されます。

受講指示が得られない(雇用保険の受給資格がない、または給付残日数が不足している)人は、受講推薦を受けることになります。

受講推薦の方は、残念ながら訓練中は各種手当(基本、受講、通所)が受けられません。こういった方々は、公共職業訓練とは別に求職者支援訓練というものがありますので、そちらを検討したほうがいいかもしれません。

さて、受講指示を受けるためには、以下のようにそれぞれの所定給付日数に応じ、一定の受給日数を残して訓練が始まる必要があります。
※離職日によって2パターンあることに注意

平成24年4月1日以降に離職した人
給付日数 支給残日数
給付制限あり 給付制限あり
90日 1日以上 31日以上
120日 1日以上 41日以上
150日 31日以上 51日以上
180日 61日以上 61日以上
210日 71日以上 71日以上
240日 91日以上 91日以上
270日 121日以上 121日以上
330日 181日以上 181日以上
平成24年3月31日以前に離職した人
所定給付日数 支給残日数(給付制限なし)
90日 1日以上
120日 1日以上
150日 31日以上
180日 61日以上
210日 71日以上
240日 81日以上
270日 91日以上
330日 111日以上

そして、上記の条件を満たした人の中から、残日数が多いひとほど優先的に扱われるようです。なので、行きたいコースがあれば、なるべく早く準備したほうがいいでしょう。


次の記事⇒職業訓練中に支給される手当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

TOPへ戻る

Copyright © トクする職業訓練 All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.